人格障害の治し方

人格障害の症状について

人格障害の症状と一口に言っても、実際には様々な種類が存在するために簡単に説明することは困難です。 しかし全般的にその人が住む社会的な判断基準に照らし合わせてかなり極端に偏った性格様式であることが特徴的であると言われており、 それが全体を共通する症状ということが出来るかもしれません。

10以上の分類がある人格障害には大きく分けて三つの分類が存在しています。 その分類では精神病に近い状況を呈する分類と、性格の激しい浮き沈みを特徴とした周りを巻き込むタイプの分類、 そして強い不安を主症状として社会生活に大きな支障が発生する分類に大きく分けることが出来ます。

それぞれの人格障害ごとに特徴的な要素がありますが、全体を通して薬物療法の効き目が限定的であり治療契約の維持が 困難で治療法が確立していないというのが特徴であるとされています。また社会的に名前が通っている人にも通用する特徴があることから、 障害そのものを病気として対応しないケースもあります。

人格障害の種類について

人格障害と呼ばれる分類があります。この障害はその人が生活を営む社会において標準から大きく外れた極端に偏った性格という表現で示される障害であり、 ウイルスや細菌によって引き起こされる疾病とは異なるものです。そのため人格障害に有効や薬物治療というものが確立しておらず、その対応は専門の病院でも苦慮していることが珍しくありません。

そんな人格障害にはいくつかの種類があることが知られています。全部で10を超える種類が存在する人格障害はDSMと呼ばれる 精神疾患の分類と診断の手引きで定められており、医師によって診断がまちまちとなりやすい障害の名前に一定の方向性を持たせています。

血液検査や画像診断といった客観的な資料の存在しないこの障害についてその分類は大きく3種類に分けられ、風変わりで奇異な印象を持たせる群と、 感情の混乱が激しく他社を巻き込みやすい群、不安や恐怖心が強い性質を持って周りの評価が気になる群が現在のところ知られています。

人格障害が起こるときの原因

人格障害の発症には、原因も存在しています。 多くの人格障害では、家庭環境に問題があり、成長する過程で安心感を得ることができなくなってしまうことが原因となっています。 とくに、家庭としての機能を果たしていない環境で育った場合、人格障害になるリスクが優位に高くなってしまうのです。

小さなころから家族が喧嘩をしていたり、心身に対する虐待があった場合、厳しい環境に合せなければ生きることができません。 この場合、精神的に抑圧しながら生きていくため、大人になった時にその歪みが表れやすくなるのです。 また、人格障害の原因として、虐待の他に過度な愛情を与えてしまうことも問題になってきます。

子供が小さいうちからその要求を何でも叶えてしまうと、それが当たり前と感じ、我慢することができない大人になってしまいます。 この場合、思い通りにいかなかったとき、過度なストレスを感じやすくなるため、対人関係にもトラブルが起こりやすくなってしまうのです。