Just another WordPress site

裾上げを簡単にする

幼稚園の制服の裾上げを簡単にする方法

小さく幼かったわが子が、母親のそばを離れて初めて幼稚園に通うようになると、それまでは経験できなかったような様々な経験を積み重ねてゆきます。小さなわが子が少し大きめサイズの幼稚園の制服に身を包んで緊張しながらもどこか誇らしげな表情で入園式に出席する姿は親にとって何物にも代えがたい心の熱くなるような感激の瞬間です。いつの間にか大きくなっていたわが子の成長に驚かされますが、その後もどんどん成長を重ねてゆく日々が待ってます。

幼稚園で毎日のように活発に活動するようになると、制服も一着だけでなく複数用意しないと追いつかなくなることも考えられます。洗濯した時の予備のためだけでなく、さらに体がどんどん成長することで服も小さなくなってしまいます。最初に幼稚園に入園のために準備する服は少し大きめのものにする人が多いようです。スカートやズボンなどの長さもある程度長いものを用意するので裾上げは少し余分にしておくようになります。身長が伸びたり腕の長さが変わったら少しずつ裾上げを伸ばしてゆくことで、ある程度は体の成長に対応することができます。面倒でも段階を踏んで裾上げし直すことで制服を長い間着ることができるようになります。

ただし、いくらいずれ体が大きくなるからと言っても、あまりにもサイズが大きすぎるものを着せると、見た目にもよくないばかりか脱げやすかったり、だぶついて何かに引っかかってしまったりして、時にはけがにつながる心配もあります。成長期を見据えると言っても、サイズはワンサイズ程度の差にとどめておくようにすることがおすすめです。お裁縫が苦手な親にとっては裾上げをするのもちょっと・・・という人が少なくありません。そんな人には針と糸を準備しなくてもアイロンを当てるだけで裾を上げることができる専用のテープを使うと簡単に裾上げをすることができて大変に便利です。

入園した時に買った新しい制服を卒業するときにもそのまま着られる人はあまり多くはないかもしれません。制服はほかの指定のものに比べると料金も高く、親の費用負担も大きくなりがちです。それでも洗い替えやサイズの大きなものなどを複数準備するためには、リサイクルなどを活用するのもおすすめです。幼稚園によっては園の主催するバザーで制服のリサイクルコーナーなどがあるところも多いので、上手に活用してみると希望の服が見つかる可能性が高くなります。先輩ママから不要になった制服を譲り受けるなど、賢く活用したいものです。

最新記事

  • WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

    Hello world!